忍者ブログ
Admin§Write

うつ病・治りました~完治を目指して~

うつ病と診断され、閉鎖病棟に入院もしていましたが、マインドフルネス心理療法と出会い、呼吸法・運動などを実践して回復しました。再発に気をつけながら生活をしています。 うつ病で悩まれている方の何かの参考になれば幸いです。

HOME ≫ Entry no.89 「食べなきゃ、危険!」 ≫ [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


食べなきゃ、危険!



最近、本屋で見つけて購入した書籍です。
著者は、NPO法人「食品と暮らしの安全基金」の代表や関係者です。

過去の出版には、「食べるな、危険!」や、「使うな、危険!」などがあります。
この2冊はご存じの方も多いかと思いますが、
読んでしまうと食べるものが無くなり、
使えるものも無くなるという状況に陥ります。(笑)

それだけ、
今の世の中は、人間に害となるものが身近に多くあり、住みづらくなっているということでしょう。

話が少しそれましたが、
この「食べなきゃ、危険!」という書籍も食の安全に関するものです。
ただ、
これまでの書籍とは異なり、
モニターを募集し、
1年4カ月の調査を行い、
病気の方々がどう改善したかを公表しています。
そんなに急激に症状が改善するのか?とも疑いましたが、
モニターの方々の結果・報告なのですから、
おそらく、本当に劇的に改善されたのでしょう。
とにかく病気が良くなればいいのです。

著者が一番言いたいことは、
病気で苦しむ方々の中には、
ミネラルを必要量補給するだけで劇的に改善するケースがあるということでしょう。
現代の食事を普通に食べているとミネラル不足になり、
心身に異常が出ないほうがおかしいとまで言い切っています。

現代の食生活ではミネラルを摂取することが非常に難しく、
多くの加工食品に添加されている「リン酸塩」は体内でのミネラルの吸収を阻害し、
加工食品の原材料の大半が「精製」されて、ミネラルを抜かれているそうです。

人間が必要な五大栄養素は、
糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル(調べました・・・)
であり、
ミネラルは他の栄養素と比べると必要量は微量ですが、
非常に重要なもののようです。
脳内の神経伝達物質を作るのにも、
ミネラルが必要とのことです。
(うつ病の方は特に重要かもしれません)

食事で摂取していると思っていても、
現代の食生活では十分にミネラルを吸収できず、
医師ならまだしも栄養の専門家も、この問題を理解していないことを指摘しています。

難しい話は苦手なので、
興味が湧いた方は書籍をどうぞ。

ちなみに私は、
だまされたと思って、
書籍で紹介されている「天然ダシ」を購入しました。。。
良いと思ったことは何でもやってみようと思っています。

PR

●Thanks Comments

ご無沙汰です


息子はこの春サクラ咲き、上京しましたが、

一人になると不安でいると妄想気味で休学することになりました。

なかなかです・・・。夜1回5ミリのリブレキサも飲むだけで軽くなりますが

なかなか思い込みから開放されません。

統合失調症なのか、よくわかりませんがお医者さまは

まだ慎重な判断で病名はおっしゃりません。

今は何をする気もおこらないようですが、

始めるとしたら、有酸素運動がよいでしょうか?

アドバイスをいただけるとうれしいです。

From 【さくら咲く日】 ||2010.06.03 17:26編集

Re:ご無沙汰です

お久しぶりです。
アドバイスなどできる知識は私にはありませんが、
体を動かさないでいるよりは、
体を動かしていった方が良いと私は思います。
時には体調が悪く、一日中体が動かないことがあるかもしれませんが、
無理ない程度から毎日継続できる有酸素運動はおススメします。
信頼のできる医師、カウンセラーと相談されながらの方が継続もしやすい気がします。
私が病気を経験して一番に思ったことは、
うつ病、パニック障害、統合失調症、などなどたくさんの病気がありますが、
特効薬というものが無いので、
医者から処方される薬+アルファがとても重要な気がします。

From 【はちみつ】|2010.06.05 19:26

食べる☆

こんにちは☆m(_ _)m

最近の暑さと、家の塀門を作る作業員さんが、外にいるのと、作業員さんのグッチいを聞く…など、などで、数日、寝込みました。☆

体力が落ちると、気持ちも、どおんと、下がるのでしょうか?

涙が出てきたり、また、底期間か(゜o゜)?と、一人、あたふた、しました。

北国なので、エアコンはなく、
今日は、扇風機と共に、30度以上で、気温が、下がるのを待っています。

何とか、食べれるから、心身共に、快復して、来ました。

食べるって、大切にですね。

はちみつさんも、ねっちゅうしょうには、気をつけて下さいませ。

今日も、読んで、くださって、ありがとうございます。

From 【あお】 ||2012.07.30 17:00編集

Re:食べる☆

こんにちは。
最近は本当に暑いですね。
こう暑いと何もしなくても体力消耗するでしょうから、
疲れて当然かもしれませんね。
気を付けてください。

人間は食べないと動く体力も気力も出ませんから、
食は大切ですね。

From 【はちみつ】|2012.07.31 22:22

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

チョコレートとうつ病に相関性

   チョコレートをたくさん食べる人は食べない人と比べ、うつ病になりやすいことが最新調査から明らかになった、とメディアは報道している。 ウォールストリート・ジャーナルによると、調査を実施したのはカリフォルニア大学サンディエゴ校のベアトリス・ゴロンブ准教授ら。抗うつ剤を服用しておらず、心臓疾患や糖尿病のない成人931人を対象に調査を行った。調査結果は「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン」に掲載される。 調査対象者は、1週間に食べたチョコレートの量と回数を回答。さらに睡眠や食生活...

URL 2010.05.07 04:44

暇つぶし

参加しています

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

最新コメント

[05/27 管理人]
[05/20 NONAME]
[03/28 太郎]
[08/08 管理人]
[08/02 管理人]
[07/30 NONAME]
[07/29 kakkunn]

プロフィール

HN:
はちみつ
性別:
男性
職業:
社会復帰をして現在会社員
趣味:
犬、ドラマ・映画鑑賞、水泳
自己紹介:
30代。
2006年に家族の不幸がきっかけで仕事が出来なくなり、うつ状態と診断される。
前職は休職後、退職となり、
約2年間治療に専念。
症状としては、抑うつ、自律神経失調症。
一時は、統合失調症も併発。
薬の副作用に悩まされ、
(薬を信用していない事もあり)
薬に頼らない病気の克服を目指してきました。
最近は症状もなくなり、
社会復帰(再就職)をして再発に気を付けながら生活をしています。
うつは治る病気だと、よく言われます。
その通りだと思いますが、
ただ薬を服用して休んでいてもなかなか回復に向かわないと感じている方は多いのではないでしょうか。
私は、適切な治療と、克服のための行動が重要だと思っています。
私のブログが何かのお役に立てると幸いです。

アクセス数

サイト内検索

マインドフルネス心理療法

(お世話になっている先)

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

名言



presented by 地球の名言

バーコード


≪ ぼちぼちです。 |PageTop| 心がスーッとなるブッダの言葉 ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【はちみつ】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog