忍者ブログ
Admin§Write

うつ病・治りました~完治を目指して~

うつ病と診断され、閉鎖病棟に入院もしていましたが、マインドフルネス心理療法と出会い、呼吸法・運動などを実践して回復しました。再発に気をつけながら生活をしています。 うつ病で悩まれている方の何かの参考になれば幸いです。

HOME ≫ Entry no.9 「過食による体重増加」 ≫ [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


過食による体重増加

以前、過食で酷い思いをしたのを覚えています。

おそらく、多くの方が体重増加で悩んだ事はあると思います。
私は、半年くらいで20kg増加しました・・・

とにかく、食欲が抑えられないんですよね。
何かを食べなければ落ち着かない。
酷い時は、夢遊病のように自分には記憶が無いのですが、夜中に起きて一生懸命にお菓子を食べていたそうです。
(家族が携帯の動画で撮影していました・・・)

私は、自分の体重増加は勝手に薬のせいだと解釈しています(笑)
調べると、自分の服用している薬に糖尿病患者への投与は禁忌となっているものがあり、患者からの噂や、担当医師の意見などを聞き(良心的な、お医者様です)、担当医師と相談しながら、私にとっては体重増加の原因になっていると思われる薬の服用をやめる事が出来ました。

ただ、服用している薬に過食のような症状が伴っても、どうしても必要な方は、うまく付き合って行けば良いと思いますし、個人差もあると思いますので、十分に担当医師と話し合う事は必要だと思います。

少し、私のダイエット方法を書いてみたいと思います。
(どなたかの参考になれば幸いです)
まず、ダイエットには運動が最適なのかもしれませんが、
私は、当時閉鎖病棟へ入院していましたので、汗をかきながら走るとか、水泳は出来ません。
(そんな事をすると、違う寂しい部屋へ連れて行かれます)
ですから、まず食事に気を付けました。
看護師に体重増加の問題を理解してもらい、ご飯の量を減らしてもらいました。
その時は、一番多い量のメニューだったかもしれません。
おかずは、そのままでも良かったのですが、病院のメニューの関係上おかずも減ってしまったのは、ちょっと寂しかったですね。
とにかく、炭水化物を減らしました(減らしすぎはダメです。炭水化物は脳のエネルギー源になるらしいですので、全く主食を摂らないというのは体をこわします)。
稀に、食べる量さえ減らせば良いのではないかと思われる方がいらっしゃいます。確かにそうなのですが、一番太る原因なのは炭水化物(糖質)のようです。
お菓子は意外と、炭水化物の値が大きいものばかりなんですよね・・・
また、間食でお菓子を食べたくなったら、コンニャクのゼリーを食べるようにしました。そればかりでは、お金がかかりますので、ガムを噛んだりしてひたすら我慢です・・・
何かに熱中して、お菓子を食べないようにもしていました。
あとは、筋肉トレーニングでしょうか。
筋肉を付ければ、そこに脂肪が付きにくくなると、同じ病棟に入院中のインストラクターから聞いたこともあります。また、年齢を重ねると、自然に筋肉が落ちてくるので、どうしてもお腹がたるんでしまうそうです。意識的に腹筋を鍛えるしかないと聞き、暇さえあれば腹筋していました・・・

これで、半年くらいで25㎏の減量に成功しました。
元よりも減ってしまいましたので、ちょっと成功とは言えないかもしれません。
急激な減量でお腹に「しわ」も出来てしまいましたから。
最近、お菓子を買う時、表示を確認しているのですが、どのお菓子も炭水化物の値が大きいですね・・・
なかなか手が出なくなってしまいました。

やはり減量は、
運動をしながら、お菓子を食べずに、
徐々に体重を落としていくのが一番のようです。
肌にも一番優しいダイエットですね・・・

PR

●Thanks Comments

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

暇つぶし

参加しています

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

最新コメント

[05/27 管理人]
[05/20 NONAME]
[03/28 太郎]
[08/08 管理人]
[08/02 管理人]
[07/30 NONAME]
[07/29 kakkunn]

プロフィール

HN:
はちみつ
性別:
男性
職業:
社会復帰をして現在会社員
趣味:
犬、ドラマ・映画鑑賞、水泳
自己紹介:
30代。
2006年に家族の不幸がきっかけで仕事が出来なくなり、うつ状態と診断される。
前職は休職後、退職となり、
約2年間治療に専念。
症状としては、抑うつ、自律神経失調症。
一時は、統合失調症も併発。
薬の副作用に悩まされ、
(薬を信用していない事もあり)
薬に頼らない病気の克服を目指してきました。
最近は症状もなくなり、
社会復帰(再就職)をして再発に気を付けながら生活をしています。
うつは治る病気だと、よく言われます。
その通りだと思いますが、
ただ薬を服用して休んでいてもなかなか回復に向かわないと感じている方は多いのではないでしょうか。
私は、適切な治療と、克服のための行動が重要だと思っています。
私のブログが何かのお役に立てると幸いです。

アクセス数

サイト内検索

マインドフルネス心理療法

(お世話になっている先)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

名言



presented by 地球の名言

バーコード


≪ 人が生きる意味 |PageTop| うつ病の「寛解」と「完治」 ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【はちみつ】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog