忍者ブログ
Admin§Write

うつ病・治りました~完治を目指して~

うつ病と診断され、閉鎖病棟に入院もしていましたが、マインドフルネス心理療法と出会い、呼吸法・運動などを実践して回復しました。再発に気をつけながら生活をしています。 うつ病で悩まれている方の何かの参考になれば幸いです。

HOME ≫ Entry no.75 「気持ちを切り替える」 ≫ [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


気持ちを切り替える

普段、生活をしていると嫌な出来事が必ず起こるものです。
嫌な出来事が起こると、
当然
誰でも少し元気がなくなります。

人間ですから仕方のないことですが、
時間が経ってからまた思い出して、
考えても解決できるような事柄ではないのに悩み、
マイナス思考に陥ることがあります。
こういうマイナス思考は自動的に脳が思考を繰り返している場合が多く、
注意が必要だそうです。

何かの問題を抱えていて、
困難を打破するための案を考え続けるのなら別ですが、
嫌な出来事をただ思い出している場合は、
しっかり反省をして次に同じ出来事が起きないように対策などを考えたら、
気持ちをスパッと切り替えなければなりません。

この気持ちの切り替えができないと、
嫌な出来事に後々もとらわれてしまい、
生活がしばらく楽しくなくなります。
イライラすることもあるかもしれません。

自動的にマイナス思考に陥ることが多くなればなるほど、
ストレスとなり、脳が考える事柄もつらい感情ばかりとなり、
これが長引くと心を病んでしまうようです。


しかし逆に考えると、
気持ちをスパッと切り替えることができれば、
無意味な思考をして悩むこともなくなり、
心を病むことがないと言えます。


では、
気持ちを切り替えるにはどうすれば良いのか?
というのは非常に難しい問題です。
私の場合は、カウンセリングで習っている方法を実践するように心がけているのですが、
呼吸法をしながら反省して、どうすれば良かったのかをしっかり考えるようにしています。(吐く息の長いゆっくり呼吸は、精神を安定させ冷静に考えられる効果があるので、最近は本当に重宝しています。)
しかし、
その後もやはり自動的に嫌な出来事を思い出していることがあるので、
早めに察知して、
無意味な思考をしないように意識をしています。
なかなか完全にはできませんが、
それでも早めに察知できるようになったと思います。

早めに無意味なマイナス思考を察知してやるだけでも、
随分と考え方が変わってきました。
日々の生活の中から、マイナス思考を取り除こうとするだけでも、
まるで気分が違います。



漫然と生活をしていると、
自分の生活は幸せだと思うことは少ないですが、
ちょっとした良い出来事が起こった場合にでも、
とてもHAPPYだなあ、私は恵まれているなあと感じるようにすると、
考え方が変わってきます。
面白くない日々の繰り返しではなくなります。
ドーパミンやセロトニンがしょっちゅう分泌される考え方ですね。


世間一般的には、
財産を築いた人、地位のある人はHAPPYで、
さぞかし幸せだろうと想像してしまうものですが、
実際に本人が幸せだと感じているかどうかは、
本人にしか分からないことです。
他人の芝生は青いとよく言いますからね。

仮に、
お金持ちになることや、地位や名声がなによりも一番の幸せだと考えて、
そのことだけにひたすら人生を費やして実現できたとしても、
その後の人生、死ぬまでずっとHAPPYだと感じ続けるということはありえません。

夢を持って実現のために突き進むことは大事ですが、
夢の実現が唯一人生で幸せをもたらすという考え方は、
必ず無理が生じます。
思いが強ければ強いほど、
夢を実現できなかったとき、
生きる目標を見失います。

夢を実現できても、
嬉しいのはしばらくだけで、
こんなものか、と意外と思うようです。
慣れとは怖いものです。




よく医療関係者から、
うつになる人は考え方が偏っていて、
何ごとも程ほどにしていけば良いと言われることがあります。
私は、この考え方というか表現があまり好きではありません。
人間、頑張るなと言われても、
頑張らなければならないことは必ずあるのです。
頑張ることが楽しみの一つだった人にとって、
楽しみが減るようなものです。

そもそも、
毎日の生活が楽しいと感じて過ごしていると、
うつになることはないのです。
楽しくなくて、苦しいと感じ続けているから、
うつになるのです。

それなら、
毎日が楽しく過ごせるように、
漫然とした日常を送るのではなく、
過去でも、まだ起こっていない未来でもなく、
『今』に意識を集中し、
幸せだと心の奥底から感じる生活に変えていくと、
うつになることもなく、
幸せな人生を死ぬまで送れるのではないでしょうか。
「ささやかな幸せ」などというのではなくて、
人生を幸せに楽しく生きる唯一の方法ではないかと最近思います。

カウンセリングで習ったことばかりですが、
忘れないようにしていきたいと思います。

PR

●Thanks Comments

無題

私は思考の切り換えが苦手です
いつまでも うじうじとマイナス思考に陥ってしまいます

自分で 思考の切り換えが出来ないので(訓練をしてないからかもしれませんが…)
悪い考えに陥った時には 眠るように心がけています

仕事をしているので そう簡単には実践できませんが
マイナス思考に陥った時は
時間のある限り 病院へ行き点滴を受けています
そして クスリで寝ています

これでは 根本的な解決にはなりませんよね
自らの意思で思考の切り換えをする
これが大事なのですよね

私は日々 楽しくありません
楽しいと思う瞬間もあるにはありますが
全般的に「生きていること」に対して 楽しみをみつけられません
何故 自分はこんなに辛いのだろうと悲劇のヒロインを演じているつもりはありませんが
周りから見たら 悲劇のヒロインを演じているように見えるようで…

もっと前向きに生きなさいと言われるのですが 物事を前向きに考えることができません
いつも思い浮かぶは「死ぬこと」だけ

でも 自殺は出来ませんし するつもりもありません
早く 寿命が来ないかなあと日々 思ってイマス
こんな状態では 病気は治りませんよね

来月あたりから ヨガ教室に通おうと思ってイマスよ
呼吸法を身につけようと思ってね
少しでも自分がいい方向に向かえる様に頑張ろうと思ってイマス

From 【じゅり】URL2009.07.25 22:38編集

Re:無題

一度きりの人生ですから、
楽しまないと勿体無いと思います。
うつで病んでいるときは、なかなかこんな風には考えられないんですけどね。
誰でも欠点だらけですし、
無駄の多い人生なのではないでしょうか。
よく考えると、
人間は無駄なことに時間を費やしていることが多いのかもしれませんが、
それが人生な気がします。
生物学的には、人間が生きている意味は子孫繁栄以外にありませんし、
地球全体で考えると、ちょっと知能が高いだけで他の動物などと大して変わりません。
こんな風に生きなければならないという決まりもないですし、
生き方は自由なはずです。
人に迷惑をかけるようなことをしなければ、
どんな風に生きても私は良いと思います。

運動や体操は長時間続けると爽快感が得られて、
悩み事も気にならなくなります。
ヨガなども、とても良いと思います。
是非、続けて下さい。

From 【はちみつ】|2009.08.02 11:51

無題

いい方向に言っている事例も きつい人には申し訳ないですがご紹介いたします。
環境反応型の抑うつ神経症気味で10ケ月くらい 悪いことばかりのグルグル思考で不眠、体調不良で苦しんでおりました。
スポーツジムに通って水泳したり、 本で不安症の勉強したり・・・
ところが
たまたま大きな仕事が舞い込みましてこれに没頭しました。
細切れ睡眠は治りませんが 悪いことをぐるぐる考えるような不安・うつ状態は
結果的に殆どなくなりまして、薬も睡眠剤のみになりました。

このような性格傾向は変えられないですが有酸素運動の継続と、 きっかけとなる考え方の回避に心がけようと思います。

脳化学の進歩を期待したいものです。
皆様の平安と快癒をい祈ります。

From 【ピンサン ||2009.08.05 20:31編集

Re:無題

脳は未知の部分が多く、
まだまだ多くが解明されていませんから、
うつ病などの薬も特効薬が無いのが現状のようです。
いつかは、
薬さえ飲めば病気が治る時代がやってくるのかもしれませんが、
そうではない今は、
患者も色々と努力が必要だと感じます。

From 【はちみつ】|2009.08.09 06:35

無題

御元気になられたようで、心からうれしく思います。

はちみつさんがおいくつくらいかは、わかりませんが、年を重ねるということは捨てたものではなく、

失敗やつらいことをたくさん体験した分、切り替えができるようになってきます。

私も心の病は体験ありませんが、「死んでしまいたい」なんて思うことはありましたよ!

息子自身も、気持ちも切り替えができつつあるようで、大学も理想を掲げつつ現実もみながら

頑張ってしるようです。

見ていると・・・少しずつ感謝できるようになっています。

頑張るというのも、その時点ですべきことを、自分のペースでできればベストですね。

はちみつさんが、元気になられて、きっと回りに心から喜んでしる方がいると思います。

笑顔がたくさんでるような毎日をすごせますように・・

From 【さくら咲く日】 ||2009.08.06 15:33編集

Re:無題

うつ病を経験したことで、
病気について、人生についてなど色々と考えさせられました。
一時は閉鎖病棟へ入院もしていたのですが、
うつ病に限らず、様々な病で苦しむ方と接することができ、
人生観が変わったように感じます。
本当に、苦しまれている方は多くいらっしゃいます。
非常に貴重な体験ができたと今は思います。

息子さん、お元気になられたようで安心しました。

おっしゃるように、気持ちの切り替えは病気を未然に防ぐ意味で非常に大切だと思います。
誰でも苦しい状況はあるのですが、
それが長期間に渡って続くと、
脳に異常をきたすようです。
そうなってしまっては気持ちの問題ではなくなり、容易に回復は難しいです。

何か大きな困難にぶつかっても、
苦しいと思わないで、プラス思考で常に考えていこうというのが私の再発防止策というか考え方です。苦しいと思っているのも、人生勿体無いですしね。

From 【はちみつ】|2009.08.09 07:02

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

暇つぶし

参加しています

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

最新コメント

[05/27 管理人]
[05/20 NONAME]
[03/28 太郎]
[08/08 管理人]
[08/02 管理人]
[07/30 NONAME]
[07/29 kakkunn]

プロフィール

HN:
はちみつ
性別:
男性
職業:
社会復帰をして現在会社員
趣味:
犬、ドラマ・映画鑑賞、水泳
自己紹介:
30代。
2006年に家族の不幸がきっかけで仕事が出来なくなり、うつ状態と診断される。
前職は休職後、退職となり、
約2年間治療に専念。
症状としては、抑うつ、自律神経失調症。
一時は、統合失調症も併発。
薬の副作用に悩まされ、
(薬を信用していない事もあり)
薬に頼らない病気の克服を目指してきました。
最近は症状もなくなり、
社会復帰(再就職)をして再発に気を付けながら生活をしています。
うつは治る病気だと、よく言われます。
その通りだと思いますが、
ただ薬を服用して休んでいてもなかなか回復に向かわないと感じている方は多いのではないでしょうか。
私は、適切な治療と、克服のための行動が重要だと思っています。
私のブログが何かのお役に立てると幸いです。

アクセス数

サイト内検索

マインドフルネス心理療法

(お世話になっている先)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

名言



presented by 地球の名言

バーコード


≪ 人生、一からやり直し |PageTop| ペース配分 ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【はちみつ】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog