忍者ブログ
Admin§Write

うつ病・治りました~完治を目指して~

うつ病と診断され、閉鎖病棟に入院もしていましたが、マインドフルネス心理療法と出会い、呼吸法・運動などを実践して回復しました。再発に気をつけながら生活をしています。 うつ病で悩まれている方の何かの参考になれば幸いです。

HOME ≫ Entry no.32 「つらい症状の時は」 ≫ [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


つらい症状の時は

うつ病は、人それぞれ症状が異なりますから、
同じ症状の方を探すのは、意外と難しいかもしれません。

私のつらい症状の一つに鳥肌がありました。
全身に鳥肌が立つというものです。
頭皮にも立ちます。
意思とはあまり関係なく突然襲ってきます。
同時に、嫌な汗も全身にかき、シャツなどがびっしょりになります。
鳥肌が現れると、しばらく動けなくなってしまい、思考も難しくなります。
自律神経失調症やパニック障害の症状に似ているでしょうか。
鳥肌に嫌悪感を抱けば抱くほど、症状も強くなるのだと後で分かったのですが。

つらい症状の時は、確かに本当につらいです。
症状を嫌います。
なんとか排除したいと考えるものです。
発作などの原因を医師に尋ねても、明確には断定されず原因不明である事がほとんどでしょう。
医師は原因不明とは言いませんが。
安定剤などを処方されて様子を見てくださいと言われるだけではないでしょうか。
(症状が重いものなら、治療法を探した方が良いかもしれませんが。)

最初は薬に頼るのも良いと思います。(個人的には嫌ですが)
薬で少しは気が楽になったり、症状が落ち着いてくる事もあると思います。
私も、セルシンやデパスなどを処方されて頓服として服用していた時期がありました。
ボーっとしてきて、気分が少し良くなります。

ですが、薬は根本的に治すものではありませんので、
症状をなんとかして治したいと思うようになる方も多いのではないでしょうか。
私は色々と調べて、漢方薬を服用してみたり、サウナへ行ってみたりしました。
(サウナはお勧めです。デパスと似たような効果が得られます。新陳代謝も良くなります。)
ですが、治りません。
サウナへ何十回と入っても、
滝のような汗を流しながら嫌な鳥肌を立てている始末です。

その時、今のカウンセリングの先生から、考え方や対応策を教えて頂きました。
うつの症状は、基本的に全て脳が関係しています。
つらい事が排除できる場合は問題ありませんが、排除できない場合の考え方です。
私の場合ですと、
鳥肌はどうやっても排除できません。
ならば、嫌悪感を抱かずに自分の体の一部として受け入れていこうという考え方です。
人間は、つらい出来事があると、つらいという感情がストレスを生み、ストレスホルモンの分泌につながるそうです。
このストレスホルモンは体の変調を引き起こす原因になるようです。
つらい出来事があって、いつまでも嫌だ嫌だと考えていると、ストレスホルモンの影響で症状の継続を助けてしまい、時に悪化するようです。
嫌だ嫌だと思わずに、症状を受け入れる事が大切なようです。

また、
脳神経は使えば使うほど発達し、使わない部位は萎縮して衰えると言われています。
社会生活を送っていく上で、重要な働きをする部位が発達するなら良いのですが、
つらいという苦しみを感じる部位は、あまり使わない方がよいという事です。

私が実践した内容は、
発作が現れた時、教えて頂いた呼吸法を行いながら症状を観察するというものです。
呼吸は、吐く息が長いゆっくりとした呼吸で、深呼吸の吐く息を長くしたようなものです。テレビでも放送されていましたが、人間はリラックスしている状況では副交感神経が優位になり、無意識に吐く息が長くなっているそうです。強制的に副交感神経を優位にさせ、自分を落ち着かせる効果があるようです。スポーツ選手なども、深呼吸をよく使うようです。数分間行うと必ず変化があります。

症状が現れた時に、この呼吸を行いながら、症状を観察します。
嫌だとか、つらいという感情を全く持たないようにして観察します。
すると、症状のピークを確認でき、いつまでも続かない事が体で理解できます。
そして、いつかは終息することが観察できます。
嫌だ、つらいと思わずに、ただ観察しているだけです。
何度も繰り返していると、意味が分かります。
あとは、継続していくだけです。
(最初は、我慢して頓服を飲む時間を遅らせます。すると、いつの間にかある程度は頓服を飲まなくても我慢できる事が分かります。頓服をすぐに飲まなくても大丈夫だと、そのうち思えるようになります。)

この方法で、鳥肌は今では全く気にならなくなりました。
デパスも必要なくなりました。
鳥肌は相変わらず立っていますが、嫌だと思っていないせいか、嫌な汗もかかなくなりました。
おそらく、脳の中で症状がつらいと感じる部位が、以前は使われすぎて過敏になっていたのでしょう。
本当に不思議ですが・・・

私の実践している心理療法を、主治医へも話しています。
「運動やそういった方法で改善できるとしたデータもあるから、効果はあると思います。それで治ってしまうと薬がいらなくなってしまいますね」と笑いながら言われます。
本心かどうかは分かりませんが、薬以外の治療法も認めてはいるという事ですね。

つらい嫌な出来事は排除できれば、それに越した事はありません。
ですが、病気の症状は薬ではなかなか去ってはくれない事が多いものです。
治療しても治らない症状は、特別の事情があれば別ですが、
受け入れる事も必要ではないかと思います。
症状を嫌だと感じない共存とでも言うのでしょうか。
ずっと、つらいと思い続けると、それがストレスにつながり、
病気の治療を妨げるようです。
PR

●Thanks Comments

無題

辛く、解決方法の思い当たらない症状は解消するのが難しいですね。
ですが、それが当たり前なことと考えたり、治ったら奇跡くらいに考えていると、
いつの間にか症状が軽くなって来たりします。

私の場合、ありきたりな頭痛が悩みだったのですが、
最終的には主治医から「うつ病のせいではないんじゃない?」と言われました。
しかし、地道に、うつ症状の改善を試みてきた結果、頭痛も解消されて来ました。
治ったら、見っけものと思ってきましたが、
意外と良くなってしまうものですね。

From 【はいあーる】URL2008.09.06 21:12編集

Re:無題

人間の体は、
まだまだ未知の部分が多いですね。
捉え方の違いで、症状も気にならなくなったり、治る事もありますから、
驚かされます。
うまく活用していきたいものですね。
読んで頂いてありがとうございます。

From 【はちみつ】|2008.09.07 10:47

無題

病気の症状を受け入れる事、そうすればストレスにはならない。
私も主治医に今日、眠れない事はあまり考え込まない方が良いと言われました。ストレス要因になるからだそうです。
ストレスはやはり病気を治していく上では邪魔な存在なんですね。

From 【綺羅】URL2008.09.06 22:35編集

Re:無題

私も最近知りましたが、
ストレスが病気の原因にもなっていると考えられているようです。
ストレスはある程度は生きる為には必要ですが、
度を超したストレスや、生活に支障の出るストレスは、
害となるようですね。
睡眠障害は私もありますが、(今もあります)
人間は少しくらい寝なくても、また寝すぎても大丈夫だと思えば、結構楽になりますよ。
夜眠れなくても、日中の昼寝をなるべく我慢すれば2~3日で夜眠れるようになると思います。少し大変ですが。
読んで頂いてありがとうございます。

From 【はちみつ】|2008.09.07 11:02

無題

やはり人それぞれ辛い部分があるのですね。
私は鳥肌は大丈夫ですが、心臓のバクバクと手の震えが一番参りますね。
手の震えなど、人に気付かれる事は嫌です。
脳からきている指令ですもんね。
呼吸法ですか。私は息苦しく感じて息を吸いすぎて、よく手が痺れたりしたのですが。
ここのところ、それはないのでラクです。

From 【うっこ】URL2008.09.07 03:34編集

Re:無題

心臓のバクバクと手の震えは困りますね。
私もトレドミンを飲んでいた時は、副作用で動悸がありました。
手の震えは、三環系の抗うつ薬で現れて、字が書けなくなりましたね。
病気を治療するはずが、薬の副作用に悩まされているという事には矛盾を感じます。
意外と、薬の副作用と戦っている方が多いような気がします。
読んで頂いてありがとうございます。

From 【はちみつ】|2008.09.07 11:09

初めまして

私のブログにコメント有難うございます。
私はまだちょっと心にゆとりが無いので、取り敢えずご挨拶まで。

From 【kekeco】URL2008.09.07 16:16編集

Re:初めまして

とにかく休みましょう。
ゆっくりして下さい。

From 【はちみつ】|2008.09.09 07:30

無題

こんにちは、はちみつさん。

私は酷い発作の時は、脱水症状になります。一度なった人ならその苦しみは分かるのですが、それはもう苦しいったらありません。死んだほうがマシ!と思います。そんな時は、はちみつさんの言うとおり、主治医に教えてもらった呼吸法で苦しさを多少しのいでいます。

発作の中身も本当に人それぞれなんですね。

From 【kaoru】URL2008.09.08 17:52編集

Re:無題

酷い時は脱水になるんですか。
つらいですね。
少しずつでも、和らいでいけばいいですが。
大事にして下さい。
読んで頂いてありがとうございます。

From 【はちみつ】|2008.09.09 07:35

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

暇つぶし

参加しています

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

     にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

最新コメント

[05/27 管理人]
[05/20 NONAME]
[03/28 太郎]
[08/08 管理人]
[08/02 管理人]
[07/30 NONAME]
[07/29 kakkunn]

プロフィール

HN:
はちみつ
性別:
男性
職業:
社会復帰をして現在会社員
趣味:
犬、ドラマ・映画鑑賞、水泳
自己紹介:
30代。
2006年に家族の不幸がきっかけで仕事が出来なくなり、うつ状態と診断される。
前職は休職後、退職となり、
約2年間治療に専念。
症状としては、抑うつ、自律神経失調症。
一時は、統合失調症も併発。
薬の副作用に悩まされ、
(薬を信用していない事もあり)
薬に頼らない病気の克服を目指してきました。
最近は症状もなくなり、
社会復帰(再就職)をして再発に気を付けながら生活をしています。
うつは治る病気だと、よく言われます。
その通りだと思いますが、
ただ薬を服用して休んでいてもなかなか回復に向かわないと感じている方は多いのではないでしょうか。
私は、適切な治療と、克服のための行動が重要だと思っています。
私のブログが何かのお役に立てると幸いです。

アクセス数

サイト内検索

マインドフルネス心理療法

(お世話になっている先)

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

名言



presented by 地球の名言

バーコード


≪ 展開 |PageTop| 最近の生活パターン ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【はちみつ】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog